あと5分
中尾マンや。よろしく!!
あと5ふん

中尾マン

Author:中尾マン
性別 男
趣味 シャベル?
職業 人間
特技 眼鏡飛ばし


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスに教科書はありません
そろそろ皆さんこれはやめましょ(ダブルス等)。


1.センターを2人で守る

2.センター抜けたら2人の責任だと思っている

3.ストレートに責任をもたない

4.至近距離で詰める

5.アングルに寄る(相手が打ち始める前に)

6.ネット前で並ぶ(ロブ待ち以外で)

7.ロブが抜けたらとりあえずネットの近くにつめる

8.コーチが一緒にプレーしないと手を抜いてると思っている

9.各コーチのアドバイスが完全に一致してないとダメだと思っている



1→センターを2人で守るメリットがない。しいていえば見た目だけ。

2→斜め前の人がストレートからくるセンターの低くめのボールをとらなかった時に謝る必要はないですよ。

3→「どうせストレートなんて抜けないんだから」。いやいや、そういうことではないです。案の定、こういうことを言う人に限ってストレート上手い人に安定してやられている。そしてとってはいけないセンターのボールに手を出して(本来は斜め後ろの人のボールなのに)ミスっています。

4→怪我したいんですか?ストレートロブ抜かれてペアが走らされても気にしないんですか?

5→ストレートを空け、センターはとりにくい斜め前の人がとり、ストレートロブを放置して、斜めのフットワークを怠ってまでアングルで待つんですか?

6→怪我したいんですか?センターとれますか?

7→ロブ抜いた後にすぐにつめる理由があるんですか?ロブ抜かれて追いかけてる人は必死にロブ上げてくるんですよ。しかも弾んでるからロブ上げやすい。
つめてロブ抜かれたらペアが走るんですよ。ただ、もちろんベースラインにいたらネットにいきます。

8→球出しに専念してる時も手なんか抜いてません。コーチはヒッティングパートナーではありません。一緒にプレーするべきという時は一緒にプレーするし、球出しに専念するべき時は球出しに専念します。コーチが汗かきまくって動きまくったけど「内容は?」ってレッスンするくらいなら球出しに専念します。『コーチが動きまくること=美徳』なんて概念は私にはないです。そして疲れてるからプレーしないで球出しだけしようなんて考えは私にはありません。まあ本当に手を抜いてるコーチは世の中にたくさんいますが…。逆に一緒にプレーしてさえいれば内容は…ってコーチもたくさんいます。ネオにはいないと信じています。

9→それは限界あります。できるだけ一致するように努力しますがそういうスポーツではないしテニスに教科書なんてありません。コーチは理屈と経験を伝えているだけです。ただ「今だにそんなこと言ってるの」ってレッスンは日本中にあります。なのでアドバイスを選ぶ力が大事です。私は誤診しないよう頭をフル回転してます。ただ超能力者じゃないのでパーフェクトは無理です。



まとめ↓


確かにコツコツ我慢強く伝えることが大事ですが、今日はさすがに「うお!」ってなったので書きました。



これだけは強く言っておきます↓



ついやってしまうのはしょうがないです。


つい並んでしまった。ついアングルに寄ってしまった。ついつめてはいけないとこでつめてしまった…


その『つい』はしょうがないです。



それは私にもありますから。



楽しくテニスしてほしいので考え過ぎで頭がショートしてもどうかと思います。



しかし、「でも…」「でも…」の頑固さはどうかなと思います。



もちろん私の伝え方が悪いかもです。



もっと考えてよりよいレッスンをするべく頑張ります。



意見・質問 超ウェルカムです。



長文失礼しました。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。