あと5分
中尾マンや。よろしく!!
あと5ふん

中尾マン

Author:中尾マン
性別 男
趣味 シャベル?
職業 人間
特技 眼鏡飛ばし


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルス
大会のことを書いたので良い機会だと思い書きます。

ダブルスについてですが、

ダブルスの動きや配球の基本は『ペアのためにどうするか』『相手が嫌がるためにはどうするか』です。

私はダブルスの動き・配球を習ったことがありません。

もちろん先輩に質問したり、アドバイスを受けたことはあります。

でもそれはあくまでも「こうした方がいいと思うんですがどうっすかね?」とかです。

だって答えなんてないんですから。

テニスに教科書はありません。

ってかいらないです。

『ペアのためにどうするか』『相手が嫌がるためにはどうするか』を追求すればいいだけなんで。

例えば味方がレシーブでビビってたらボレーヤーはポジションを下げて守ってあげればいい。

そこで「どこまで下がればいいんですかコーチ」と聞く方がいたとしたらそれは疑問に思う。

だってコーチが決めることじゃない。

相手のボレーのスピード、ボレーの守備能力、レシーバーのビビり具合とかによって決めることだから。

一番良くないのはとりあえずサービスラインに立つこと。

それはペアの為に考えた末に決めた立ち位置なのですか?

ってことです。

私はレッスンでレシーバーの前の人はサービスラインの上に立つって絶対に教えないです。

だってサービスラインはサーブが入ったかどうかを判断する線ですよ。

テニスのルールを決めた人がボレーヤーの立ち位置がわかりやすいようにつくった線ではないんですから。

それに計算上もサービスラインの上が基本はおかしい。

2人がストロークで並んだ状態から1人が2人の距離を保って前に行ったところがしいていえば立ち位置の基本です。

はっきりいいますね。

ダブルスのポジションと配球(そこに打てるかどうかは別にして)が怪しい方はペアへの思いやりが足りないのと相手にいらない優しさがあるんだと思います。

でもそこでよく耳にするのは「自分のことで精一杯」です。

違います。

同時進行です。

自分のショットを磨くのとペアの為に考える力を上げていくのは同時進行です。

まだたくさんありますがとりあえずこの辺で。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。